盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦、「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【レビュー】<イークリエイターズ>初プレイしてみました


どうも、みかむーのMoonの方です。

 

最近、前から気になっていたダイスタワーを買いました。

というのも同じく最近、新キング・オブ・トーキョーを買ったのでダイスをたくさん振る機会が増えたのです。

 

木製のやつは憧れますが、スペース的にも気になるので……とりあえずお試し的な意味で以下のダイスタワーを購入。ウキウキしながら開封し、早速ダイスを入れてみると……。

 

入らねぇ……orz

 

まぁ他のゲームで使うことにします。
皆さんも何か買う際はぜひとも計画的に。


さて、本日のレビューはこちらです!

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

~イークリエイターズ~ 

イークリエイターズ

 

<ゲーム情報>

タイトル: イークリエイターズ

制作:ナニカキセキ

人数:3~4人

時間:20~30分

年齢:7歳~

価格:1,500円

 

<ストーリー概要>

「有名になりたいなぁ……。そうだ!動画を配信しよう!」

有名な動画配信主になるべく、動画を作って投稿したいが色んなものが邪魔をする!
より多くのファンを獲得出来るのは一体どの配信主か!?

<ゲーム概要>

手札をプレイ(動画を配信)してユーザーチップを獲得していくゲーム。
得点となるユーザーチップは、一度獲得してもあっという間に他の配信者に取られてしまったりする。

イベントカードやサイコロの効果で巻き起こる様々なハプニングは、本物の動画であれば<おいしい>かもしれないが、このゲームではただ波乱が巻き起こるばかりだ。

そうしてより多くの動画を配信し、多くのユーザーチップを集め、最終的にチップに書かれた得点の合計が高いプレイヤーの勝利となる。

<パッケージ&コンポーネント

イークリエイターズ‗コンポーネント

可愛らしいイラストが目を惹くパッケージですね。動画配信というテーマなので様々なジャンルのイラストがあります。

イークリエイターズ‗チップ

コンポーネントでは、小さなユーザーチップにまでイラストが描かれています。プラだかアクリルだか素材はわかりませんが、最近はこういったものも作れるんですねぇ。勉強になります。

 

<ゲームの感想>

今回は私と嫁、友人の3人で遊びました。

 

大変盛り上がりました。

というのも、このユーザーチップを勝手に『配信主のファン』という設定にして遊んだのですが……。

ファンがあまりにもプレイヤー間を行ったり来たりするもんだから『浮気性なファンめ!』と、どうでもいい内容で盛り上がりました。

 

では、このファンたちがどのような動きになるのか、簡単にご説明します。

ゲーム流れとしては以下の通りです。
 ・全員でサイコロを振る
 ・スタートプレイヤーから順に手番を行なう
 ・一周したら①に戻る
 ・全てのユーザーチップ、もしくは山札がなくなった時点で終了し得点計算


①では【怠惰サイコロ】というものを振ります。
これは出目に応じて、【手番で行なうことが出来ない行動】が発生する為のものです。

では行動は何が出来るかというと、自分の手番で以下の5つの中から2つ選んで行ないます。
 ・山札からカードを2枚引く
 ・相手の手札から1枚奪う
 ・他プレイヤーのチップ1枚を自分のものにする
 ・手札からカードを1枚プレイする
 ・スタートプレイヤーを取る
上記行動は同じものを2回することは出来ません)


そして、ダイスの出目の内容は以下の通り。
 ①、山札からカードを引けなくなる
 ②、相手からカードを奪えなくなる
 ③、他プレイヤーのチップを奪えなくなる
 ④、カードをプレイ出来なくなる
 ⑤、スタートプレイヤーを取れなくなる
 ⑥、他プレイヤーが出した出目の全ての効果が適用される

出目によっては『あの行動したかったのに~!!』ということが まぁよく起こります。
ましてや出目で⑥が出てしまったときは目も当てられません。
(ちなみに、全員が⑥の場合は振り直しとなります)


続いてプレイするカードについてです。
分類すると『動画配信カード』『イベントカード』の2つあります。

イークリエイターズ‗動画配信カード

動画配信カードは書かれている数字の分だけユーザーチップを獲得できるカードです。わかりやすいですね。

イークリエイターズ‗イベントカード

んで、『イベントカード』は簡単に言えば自分が有利になること、相手の妨害になるようなことが起きるカードです。

いずれのカードも『手札からカードを1枚プレイする』の行動で効果を得ることが出来ます。

 

さて、改めて言いますと、このゲームは上記のようなことを行ないユーザーチップを集め、最終的にはチップの裏に書かれた得点の合計数が高い人が勝ちとなります。ということは当然ユーザーチップを集めるような行動をしますよね。

ですので、ファンがめっっちゃ行ったり来たりするのです。

DD(誰でも大好き)のファンなんて悲しい!
なんて浮気性なファンだ!!
いや、待て!
根強いファンが作れないのは私たちの動画の魅力が足りないからだ……。


なんて言いながら楽しく遊ばせていただきました。
ゲームの内容が楽しかったのはもちろんのこと、どうでもいい会話で大変盛り上がりました。

 

うちの集まりが特殊なのかもしれませんが……せっかくなので面白かった内容をいくつかご紹介します。

 

◆初めてもらったチップを『ファン第一号』と名付け、感情移入する。
友人がカードをプレイして初めて獲得した女の子のユーザーチップ。
「ファン第一号だ!やったぜ!」と喜んでいるのも束の間、早々にうちの嫁に奪われ「俺のファン第一号がーーー!!」と嘆く事となる。

 

◆友人がチップを貰う時、必ず女の子のチップを持っていく
The・変態。先ほどの反動からか、下心丸出しの動画配信主に変貌を遂げていく。

 

◆ファン第一号の女の子が付き合いだしたという設定が湧いて出る
友人が私の持つユーザーチップ(男の子)を奪った。悔しかったので「今持ってったそいつ、ファン第一号の女の子と付き合いだしたぞ」と精神攻撃に出る。

友人は「マジかよ……」と凹む。


私たちは大体いつもわけのわかんない設定を持ち出して話が脱線するタイプなのです。
こんな楽しみ方もあるんだなぁと、温かい目で見ていただければ幸いです。

 

 

さて、というわけでいかがでしたでしょうか。

ボードゲーム界隈でも最近は動画配信している方が増えているようですね。

面白そうなジャンルだなぁとは思いますが、動画編集とかもよくわからないですし私には難しそうです。

 

前に一度、嫁に「俺が『ユーチューバ―になりたい!』って言い出したらどうする?」って聞いたことがあります。

 

嫁の引きつった笑顔が今でも忘れられません。


現実的には厳しいので、今後はこの【イークリエイターズ】で配信者気分を味わおうと思います。


おしまい