盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦、「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【レビュー】<お~くしょんパーティ>初プレイしてみました

 

どうも、みかむーのMoonの方です。

 

私は関東在住ですが、先日の雪はここ数年で比較してもかなり降ったように思います。
まだまだ足元が凍ってますが、滑って大怪我しないように注意が必要ですね。

 

まぁ私は普段から盛大にスベって大怪我してますがね(ドヤァ)

 


さて、本日のレビューはこちらです。

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

 

~お~くしょんパーティ~

お~くしょんパーティ

 

<ゲーム情報>

タイトル:お~くしょんパーティ

制作:ラディアスリー

人数:2~4人

時間:15~90分

年齢:9歳~

価格:2,500円

  

 

<ストーリー概要>

とあるファンタジーな国の王様が、よくいるような4人の騎士隊長に、どこかで聞いたことのあるようなことを言いました。
「これから3カ月で3つのクエストを行い、より多くのゴールドを稼いだものを王女と結婚させ、次期国王とする!」
よくいるような4人の騎士隊長は、経験豊富な冒険者たちを雇い入れ、我先にとクエストに出発するのでした。

 

<ゲーム概要>

ゲームの流れとして大まかに言えば<オークションフェイズ⇒アドベンチャーフェイズ>を3回行なうことで勝敗を決めるゲーム。
パーティメンバーとなる仲間をオークションで集めて、その後モンスターを倒していき、最終的に所持金額が一番多いプレイヤーの勝利となる。

 

<パッケージ&コンポーネント

パッケージのイラストはなんともゆるい感じで、「気軽に楽しんでね!」というメッセージ性を勝手に受け取りました。不思議なもんで、パッケージ一つでそのゲームの温度感がなんとなくわかりますよね。

たまにイラストと中身で全然印象が違うゲームもあったりしますけど。

お~くしょんパーティ‗コンポーネント

さてさて、中身でまず目に付いたのは入札金額やステータスを記入するボードとペン。
本ゲームはゲームマーケットさんからお借りしてるものなので汚したら申し訳ないと思い、ボードをスキャンして印刷した紙を使用しました。

 

各カードもパッケージと同じイラストが描かれており、全体的に「ゆるい」印象です。お札なんか特にゆるくて、10Gに至ってはアホづr……。

お~くしょんパーティ‗お札

おっと失礼。

 

しかしながら、「ゆるい=適当」ってわけでは決してなく、どれも作りはしっかりしています。

 

<ゲームの感想>

まずはいつものように嫁と2人で遊びました

概要でも書いてある通り、【オークションで仲間集め】をした後に【モンスターを倒していく】ゲームです。

 

最初にキャラカードを1枚ずつプレイヤーに配ります。

その後、プレイヤー人数分だけキャラクターカードを表向きにオークションシートへ並べます。

お~くしょんパーティ‗準備

左上から右下に行くにつれて、最低入札額が高くなっていますね。

並べられたキャラを見て、何番のキャラを仲間にしたいのか決めます。決めたらその番号と入札額をボードに記入します。

お~くしょんパーティ‗ボード記入

全員が記入し終わったら一斉にオープンして、最も高い金額のプレイヤーがキャラ獲得となります。これを3回繰り返しますので、最大で4人パーティになります。

裏を返せば、3回ともオークションで競り負けた場合、最初に配られたキャラのみでモンスター討伐に向かわなければならなくなります。
相手がどれを選んでくるのか、もし被ってしまった場合いくらなら競り負けないか……。そんなことを考えているのが楽しい瞬間です。

 

オークションが終わったらパーティの【ステータス値】を計算します。
集めた仲間の各ステータスの合計値をボード上に記載していきます。

お~くしょんパーティ‗ステータス記入

簡単に言えば、この数字がモンスターと戦う際の基本判定値となります。

――であれば、当然ここのステータス値が高い方が有利と考えるのが妥当ですが、ステータス値が低い方がいいこともあるのです。

 

実はこのあと二つのフェイズがあるのですが、その二つのフェイズを行なう順番は【合計ステータス値の低いプレイヤーから】となっています。

 

そのうちの一つが【買い物フェイズ】です。ここではアイテムを購入することができます。アイテムはステータス値をプラスにしてくれるので、メンバー不足でもここで補強することが可能です。

お~くしょんパーティ‗アイテム
ただし、アイテムは1度の戦闘でなくなってしまう使い捨てですので、無駄打ちは出来ません。また、アイテムの数には限りがあるので、ここでステータス値の低いプレイヤーが有利になるポイントですね。

 

もう一つが肝心の【アドベンチャーフェイズ】です。前述したようにここではモンスターと戦います。

お~くしょんパーティ‗モンスター配置

横は全部で4列あり、最後の列だけモンスターカードが伏せてあります。
縦はプレイヤー人数分だけ並べます。今回は嫁と二人プレイなので2列ですね。

ゴールに向かって順番に1列ずつ進んでいくのですが、どちらのモンスターを選んでもOKです。
ここでもステータス値の低いプレイヤーが優先的に選べるので有利です。

 

モンスターを決めたら、いよいよ戦闘です。
戦闘時にプレイヤーが行なうことは以下の二つです。

・二つの内どちらのステータスで勝負するか宣言
・ダイスを振ってステータス値に加算する

ちなみにですが、アイテムについては戦闘前(ダイスを振る前)に使用を宣言して使うことが可能です。効果はこの戦闘のみなので、次のモンスターとの戦いでは基本のステータス値に戻ることになります。

 

さぁ、ではモンスターカードを見てみます。

お~くしょんパーティ‗モンスター確認

モンスターには二つのステータスが描かれています。単純にステータス値が高い方が勝ちなので、パーティのステータス値を見て判断することになります。

また、各戦闘ではダイスを二つ振った出目の合計がステータス値に加算されるので、少し厳しい相手でもなんとか勝てたりします。

 

さらに、各キャラには【スキル】なるものが存在します。
振ったダイスの出目によってスキルが発動するのですが、これがまたなんともいい味を出してまして……。

例えばオーガと戦闘するとします。パーティは以下の通り。

お~くしょんパーティ‗ステータス確認

このモンスターとは「STR」で勝負することにしました。ここでアイテムの使用を宣言し、STRの基本ステータスに+2をします。

ダイスを振ったら「1」と「3」だったので、さらにSTRのステータス値に「4」が加算されます。モンスターのSTR値は「10」ですので、この時点でモンスターを倒したことになりました。

さらに!パーティメンバー「シーフ」のスキルが4で発動できるので、ついでに他プレイヤーから50G奪うことができました!!

 

――と、こんな感じで追加効果を得ることが出来ます。キャラごとにスキルがことなるのですが、どいつもこいつも敵から受けると厄介極まりないスキルばかりです。ムキー!!

 

こうして順番にモンスター選び、戦い、ゴールを目指していくのがアドベンチャーフェイズです。全ての戦いで勝利(4戦全勝)で最短ゴールするとボーナス(300G)が貰えます。この収入がかなりでかいので、あえて報酬の高い強めのモンスターを他プレイヤーに押し付ける、なんてことも作戦として考える必要があります。

 

こうして<オークション ⇒ 戦闘>を計3回行ない、最終的に一番お金をもっているプレイヤーの勝利です。

 

なるべくステータスは高い方がいい、けどスキル的にはあのキャラが欲しい、でもアイテムやモンスターはなるべく早く選びたい、しかしあのモンスターはあえて相手に押し付けた方がetc……

 

終始あれもこれもと悩ましさが爆発します(褒め言葉)

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

 

ゲームの雰囲気が伝わるように書いたつもりです。

プレイ人数が2~4人ですが、ゲームが2セットあったら8人ぐらいでも遊べそうな気がします。むしろそれぐらい大人数の方がこのゲームは楽しそうです。

 

個人的にはせっかくのオークションゲーなので、もっとオークション感を強調して【コレクション要素】があったら面白そうだなと思いました!

例えば、パーティの中に3人ファイターがいたらSTR+2とか、バランスの良いパーティに出来たらボーナスがあるとか……

【役をそろえる】という感覚があると、オークションであれが欲しいこれが欲しいと競合になりやすい気がしますね。

 

もっと話題になっていいと思う!!ってぐらいには面白いゲームでしたので、この記事で少しでも楽しさが伝わればいいなと思いましたとさ。


おしまい