盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦、「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【レビュー】<パワーワード人狼>遊んでみました


どうも、みかむーのMoonの方です。

 

日常生活で、変な言葉の言い回しや印象に残る単語を好んで使う人っていますよね。

多くの人がイメージしやすいのは"ルー大柴"さんでしょうか。

 

どんな人かと聞かれれば【日本語に英語を混ぜたがる人】とでも言いましょうか。

とにかく普通の日常会話に日本語と(中途半端な)英語がトゥギャザーしてくるわけですね。


そんな「力のある言葉」インパクトのある言葉」のことを"パワーワード"と言います。


今回は普段あまり言う機会のないパワーワードを気軽に言えちゃうゲームをご紹介します。

 

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------


パワーワード人狼 

パワーワード人狼

<ゲーム情報>

タイトル:パワーワード人狼

製作:のむゲームズ

人数:5~10人

時間:5~15分

年齢:10歳~

 

<ゲーム概要>

プレイヤーたちはチームに分かれて、相手チームにいる"人狼"を見つけることを目的とします。

何気ない会話を楽しみながら、その中にインパクトの強い言葉(パワーワード)を言うパワーワード人狼が潜んでいるのです。また、その正体を隠そうとする「狂人」までいます。

はたして、彼らの正体をうまく見きわめることができるのでしょうか?

 

 

<パッケージ&コンポーネント

内容物

パッケージ、カードの裏面ともに"スピーカー"のイラストのようです。。

 

なぜ"スピーカー"なのかは謎です。

 

内容物はほとんどがカードで、お題カードと役職カードが入っています。

 

 

<ゲーム内容>

みんなでワイワイする系ですので、ルール自体はとっても簡単です。

・チーム分けする(役職カードを配る)
・お題カードを配り、ダイスを振ってお題を決める
・Let's talk
・制限時間が来たら投票
・相手チームの人狼を当てたら勝ち

という感じです。


基本的にフリートークですが、一番最初の話題(きっかけ)としてトークテーマのカードがあります。

最初の話題カード

人狼のお題を決める際にダイスを振るので、その出目のトークテーマでスタートするといいでしょう。

 

役職カードには下記のものがあります。

役職カード

個人的に一番楽しいのは【目立ちたがり】ですね。

 

気兼ねなくパワーワードぶちまけて、吊られたら独り勝ち!

ってのは、このゲームを一番楽しめる役職なんじゃないかなと思います。


制限時間が来たら、誰が相手チームの人狼だと思うかを決めて、投票を行ないます。

見事、自チームの人狼はバレずに相手チームの人狼を当てることが出来れば勝利となります。

どちらの人狼も当たった、もしくは当たらなかった場合は引き分けです。

 

<感想>

友人たちと遊んでみました!

 

最初は会話の中にパワーワードをなんとか溶け込ませようとみんなが努力します。
その姿がなんとも滑稽でシュールな笑いが場を包んでいきますwww

 

"パワーワード"というだけあり、やはりそういった単語は際立ち、違和感や不自然さがまた面白くて、盛り上がること請け合いです。

 

ただ、慣れてくると"狂人"あたりがなんの前触れもなく

チャリで来た

とか言い出して、それを聞いた村人や人狼が便乗して……

 

もはや収集がつかない状態になっていきました。

 

それはそれで面白かったのですが、全員がパワーワードをぶちまけすぎると人狼を当てるのは"運"になってしまいます。

 

 

――そこで私たちは途中から下記のようなルールを追加してみました。


人狼以外は手元のカードに記載されたパワーワード言ってはいけない
人狼は今回のお題以外、パワーワード言ってはいけない
パワーワードは必ず半数以上のプレイヤーに聞こえてなければならない

 


というのも、何度かゲームをして慣れてくると【とりあえずお題カードに書いてある単語 全部言っちゃえ】という事態に発展していったのです。

 

お題カードはある程度ジャンルごとに分かれていますから、パワーワードを次から次に発言していくと誰がどのジャンルのカードかまでわかってしまいますし、先ほども言ったように人狼を当てるのが本当に運だけになりかねません。

 

そこで上記のルールを追加することで、パワーワードの発言数を少しだけ抑えることが出来ます。カード記載の単語は言えませんから、人狼をフォローするための発言は自分で考えなくてはなりません。

この"パワーワードっぽい言葉"を考えながら遊ぶことで、稀に【本物のパワーワードが生まれたりすることもあるので、メッチャ面白くなりました。

 

人狼も言わなければいけないパワーワードをなるべく周りの会話に溶け込ませないといけません。そのタイミングを見計らないながら会話に参加していくのでなかなかのスリルが生まれます。

 

最後の追加ルールについては

「いやいや、隣のプレイヤーに『○○』って言ったし!(小声で)」

という裏ワザ的なことをした人がいました。全くけしからんですな

 

まぁ、それやったの私ですが何か?

 

まぁさすがにそれはダメでしょってことで、しっかりと聞こえるように発言するようなルールを追加しました。

 

その後、なぜかルールが湾曲していきパワーワードは気合入れて言う】っていう謎の縛りが生まれました。

 

腹から声を出して

「前の車を追ってくれ!!」

とか言うと、えも言われぬ快感や背徳感があります。ぜひお試しあれ。

 

 

――さて、てな感じでパワーワード人狼はサクッと遊べて盛り上がれるかなりの良ゲームです!

 

最近では一部の東急ハンズさんでも取り扱われているようですね。

お買い求めやすくなったってことで、ぜひ遊んでみてくださいね!

 


おしまい